Raspberry Pi セットアップ (microSDカード書き込み)

はじめに

初めてRaspberry Pi を使われる方向けに、セットアップ手順をまとめます。先ずは、microSDカードへOSを書き込む手順について説明します。

microSDカードへ書き込むOSのイメージファイルをダウンロードするために、URL: https://www.raspberrypi.org を開きます。

[Downloads] タブをクリックして、[Raspbian] を選択します。

Raspbian のページを下部へスクロールさせます。

複数の種類があります。ここでは [Raspbian Stretch with desktop and recommended software] の項目の、[Download ZIP] を選択します。推奨アプリが付属しているバージョンです。

確認メッセージが表示されますので、[保存]を選択します。

ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダに、ダウンロードしたファイルが保存されます。ファイル名: 2018-11-13-raspbian-stretch-full.zip。

ファイルを右クリックして展開すると、ファイル名:  2018-11-13-raspbian-stretch-full.img が生成されます。このイメージファイル(.img)をmicroSDカードへ書き込んで使用します。

ダウンロードしたイメージファイル(*.img)を書き込む前に、microSDカードをフォーマットします。
microSDカードをアダプタに実装して、パソコンのSDカードスロットへ差し込みます。
ここでは16GBのmicroSDカードを使用しています。
スタートメニューを右クリックして表示されるメニューから、[ディスクの管理(K)]を選択します。

[ディスクの管理] 画面が表示されます。下図では、microSDカードが、[ディスク1, リムーバブル]として認識されています。容量: 16GBのmicroSDカードを使用していますが、表示されている値は、実際に使用可能な容量: 14.64GBが表示されています。 

microSDカードを示している [ディスク1, リムーバブル, 14.64GB]の区画の一つを右クリックして表示されるメニューから、[ボリュームの削除] を選択します。

ボリューム(区画)の削除を確認するメッセージが表示されます。[はい(Y)] を選択します。 

削除が完了すると、表示が[未割り当て]に変わります。

続いて、microSDカードの他の区画に対しても、右クリック → [ボリュームの削除] を選択します。

ボリュームの削除を確認するメッセージが表示されるので、[はい(Y)]を選択します。

microSDカードに2区画あった情報が削除されて、1個の区画[未割り当て]になりました。

microSDカードの区画を右クリックして、[新しいシンプルボリューム]を選択します。

[新しいシンプルボリュームウィザード]画面が表示されます。[次へ(N)>]を選択します。

[次へ(N)>]を選択します。

[ボリュームラベル]に任意の英語名を入力して、[次へ(N)>]を選択します。

ボリュームの作成とフォーマットが完了すると下図のメッセージが表示されます。[完了]を選択します。

[ディスクの管理]画面に戻ると、microSDカードの区画が、指定した名称(下図では、DATA)でFAT32形式で作成されていることが確認できます。

フォーマットしたmicroSDカードに、イメージファイル(.img)ファイルを書き込むために必要なツール(Win32 Disk Imager)をダウンロードします。
URL: https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/latest/download をブラウザで開きます。ダウロードについて確認するメッセージが表示されます。[実行]を選択します。

ダウンロードが完了すると、セットアップ画面が表示されます。[I accept the agreement] をクリックしてから、[Next>]を選択します。

[Next>]を選択します。

[Next>]を選択します。

[Install]を選択します。

インストールが完了するとメッセージが表示されます。[Finish]を選択します。

スタートメニューに、[Win32DiskImager]が新規作成されます。[Win32DiskImager]を選択して起動します。このプログラムを使用して、イメージファイル(.img)をmicroSDカードへ書込ます。

[Win32 Dsik Imager]が起動します。書き込むイメージファイル(.img)を指定します。[Image File]項目のフォルダアイコンをクリックします。

書き込むイメージファイル(.img)を選択してから、[開く(O)]ボタンをクリックします。

選択したイメージファイル(.img)のファイルパスが表示されます。

[Write]ボタンを押して、microSDカードへの書込みを開始します。

書込開始を確認するメッセージが表示されます。[Yes]を選択します。

microSDカードへイメージファイル(.img)の書込が開始します。完了まで数分待ちます。

正常に書込が完了するとメッセージが表示されます。[OK]を選択します。

[Exit]を押して終了します。

ここまでの手順で、イメージファイル(img)のmicroSDカードへの書込みは完了しました。
この後は、書込みを終えたmicroSDカードをRaspberry Pi へ差し替えてインストール作業を続けます。

余談

イメージファイル(.img)の書込みを終えたmicroSDカードの区画情報を見てみましょう。スタートメニューを右クリックして表示されるメニューから、[ディスクの管理]を選択します。[ディスクの管理]ウィンドウで、microSDカードを確認すると、下図のように3区画に分かれて書き込まれていることが判ります。

以降は、OSイメージを書き込んだmicroSDカードを実際にRaspberry Pi へ搭載して、セットアップを進めます。